〈法要の心得と流れ〉


法要殿では、ご法事の日時・会場のお手配から、法事(法要)関する全てのお手伝いをさせていただいております。

法事の心得
法事は中陰供養といい、故人が成仏することを願い、遺族が行うものです。仏教では、故人は死後七日ごとにあの世で裁きを受けると教えられています。初七日~七七日までは、生前の行いが裁かれる日とされ、この日に法事を行うことで、よい結果がもたらされると考えられています。
法事の流れ
■初七日
命日も含めて七日目に行うのが初七日です。葬儀後、遠来の親戚に再び集まっていただくのは大変なため、葬儀の日に遺骨迎えの法要と合わせて行うことが多くなっています。
■三十五日忌
四+九日忌が三ヶ月に渡るような場合は、五七日忌をもって忌明けとすることもあります。「三月がかり(始終苦が身に着く)」を昔は嫌いましたが、現在では四十九日忌に忌明けとするのが一般的です。
■四―九日忌
四十九日忌は、故人の生まれ変わりが決まる重要な日とされることから、憎侶を招き、遺族・親族が一堂に会して法事を行うのがしきたりです。納骨もこの日に行うのが慣わしです。
■一周忌
故人が亡くなってから一年後の命日が一周忌です。家族・親族をはじめ縁の深かった方を招いて法事を営みます。一周忌までが喪中で、この日をもって喪が明けることになります。
■年忌法要
年忌法要は年回法要ともいい、一周忌の翌年の2年後が三回忌です。三回忌からは亡くなった年も含めて数え、七回忌、十三回忌、十七回忌、ニ十三回忌、ニ十七回忌、三十三回忌、五十回忌に法事を営みます。一般的には三十三回忌をもって、最後の法要「弔い上げ(とむらいあげ)とすることが多いようです。
四十九日忌
■四十九日忌の準備と手配
1. 遺族・親族を会する場合は、四十九日直前の土、日曜日が最適です。 2. 法事日が決定Lたらお寺に運絡し、時間、会場、会食等を相議して決めます。
3. 日時等、法事出席予定者に連絡し、出席の有無を確認してください。
4. その他、位牌、仏壇、生花、くだもの菓子、料理、法事の引き物等については、法要殿の担当者にご相談ください。
■四十九日(忌明け)に用意するもの
●本位牌(黒い位牌に金文字)●仮位牌(白木の位牌)●遺影(額、リポン付きのまま)大・小●献花(一対)●供物(お菓子、くだもの)●料理
※自宅や墓前、式場など場所によって用意するものが異なります。詳細は法要殿の担当者にご相談ください。また、法事用供物に関してのご用命も承ります。
納骨と埋葬
■納骨の時期
お墓にお骨を納める時期は、四十九日忌と併せて行うのが一般的です。四十九日を過ぎての納骨は、百ヶ日、彼岸前、一周忌、三回忌など、区切りを決めて納めていただくことをお勧めします。
■納骨・埋葬の場所
四十九日、五十日祭に合わせ、法事の際にお墓(菩提寺、霊園、共同墓地、自宅暮地)で納骨埋葬となります。また、事前の戒名や墓石彫刻などは、法要殿の担当者にご相議ください。
戻る

会社概要

事業内容

CSR活動

採用情報

友の会

お問い合わせ