葬儀の基礎知識

亡くなって、すぐに用意するものは何ですか?
取り急ぎ必要となるのは、印鑑と遺影です。お写真はピントが合っていて表情のよいものをお選びください。
自宅で死亡した場合、死亡診断書は出してもらえますか?
病院、自宅、あるいは他の場所でも死亡を確認した医師に死亡診断書を書いてもらって、署名をもらわなくてはいけません。
喪主は誰が務めるの?
故人の配偶者か、成人し、社会人になった子供が務めます。故人が子供の場合は、父母のどちらかが務めます。
忌中と喪中の違いとその期間は?
四十九日までを忌中、一周忌までを喪中とするのが一般的です。
四十九日はどんな意味を持つの?
仏教の世界では、死後四十九日間はこの世とあの世をさまよい続け、四十九日目に死者の運命を決める審判が下されます。この日を境に忌明けとなることから、法要も盛大に行われます。
年忌法要は何回忌まで行えばいいのでしょうか?
仏教では、亡くなってから33年が経つとどんな人でも無罪放免となり、安楽浄土へ行けるとされています。そのため、年忌法要は三十三回忌で弔い上げ(とむらいあげ)とするのが一般的です。
通夜と告別式の両方に参列する場合、香典を渡すのはいつ?
両日に参列されるときは、香典は通夜で渡します。次の日は記帳カードにご記入だけします。
お焼香の回数は何回行えばいいの?
1回の場合や、焼香、従香で2回とする場合、また「仏・法・僧」の三宝に帰依し、奉るという意味で3回とするなど、宗派によって違いがあります。
香典袋は宗派によって違うの?
それぞれの宗派によって違います。「御霊前」は各宗派に使用できます。
●仏式:「御霊前」「御香典」●神式:「御霊前」「御神前」「御玉串料」●キリスト教:「御霊前」「お花料」●無宗教:「御霊前」
香典の目安はいくらくらいですか?
故人との関係や気持ちの問題ですが、大体の目安は以下の通りです。
●親・兄弟…3万〜10万 ●親戚…1万〜3万 ●友人・知人…3千〜1万 ●会社関係…3千〜1万 ●ご近所…3千〜1万
香典を連名で出す場合はどうするの?
2、3人の場合はそのまま連名で書きます。右側が上位になるので、年齢、役職を考慮して記入します。人数が多い場合には「○○一同」「○○有志」と書き、全員の名前を記したものを同封します。
数珠は持って行くべきですか?
仏式では数珠を持って参列しますが、忘れた場合などは数珠はなくても失礼ではありません。また仏教徒でなければ持たなくてもかまいません。
ご不幸のあったお宅へのお中元、お歳暮は?
お中元、お歳暮はお祝いではないので贈ってもかまいません。ただし、四十九日以内のときは、時期を遅らせるのがよいでしょう。

会社概要

事業内容

CSR活動

採用情報

友の会

お問い合わせ